ファッションの倦怠期がきたら試してほしいこと5つ



何を着てもしっくりこない いままで着ていた服にときめかなくなった 何を着たらいいのかわからなくなった そんな方へ

 

「ファッションの倦怠期」

じつをいうとここ半年くらいモヤモヤしていました。


ファッションの仕事をしている私でも数年に一度やってきます。

クローゼットの服、気に入っていたし似合っていると思う。

いつも楽しく着ていたのに、

お気に入りだったコーデにときめかなくなっている。


季節ごとに行っていたマイナーチェンジでは物足りなくなってきたら

もう少し大きな変換が必要かもしれません。


そんな時に行っていることは


 

1.もやもや期には服を買わない


これ、じつはやりがちなこと。

何か新しいものを買ったら新鮮な気分になれそう!なんて思ってしまうもの。

でもただ増やすだけでは単に数を増やすだけになります。

そういう時に買った服って結局あまり着なかったりするものです。


 

2.雑誌やネットでファッションに関する記事を読む


自分がどういうファッションがしたいのか?迷子になっていると思います。

雑誌を買うもよし、雑誌のHPは情報が多くおすすめです。

今の自分は何にときめくのか探してみます。


おすすめはこちら!


◆おしゃれカジュアル好きさんには「FUDGE」

https://fudge.jp/


◆きれいめオフィスカジュアルは「Oggi」

https://oggi.jp/


◆おしゃれママを目指すなら「VERY」

https://veryweb.jp/


◆フェミニン好きなら「美人百花」

https://bijinhyakka.com/


◆大人世代の何着る問題には「STORY」

https://storyweb.jp/


◆モード好きなら「SPUR」

https://spur.hpplus.jp/


ちなみに私は20代の頃から「SPUR」が好き。

モード好きさんはときめく雑誌です。


 

3.ヘアスタイルを変える


思いきってヘアスタイルを変えてみるのもおすすめです。

イメージを変えることでマンネリから脱出、新しい自分に出会えたりします。

ヘアスタイルを変えることで着たい服が変わったり、こういう服が似合うかもしれないって気づくかもしれません。

方向性が決まってからそのイメージに合うスタイルに変えるのもいいですね。

その場合は参考になるのは着たい服やイメージのブランドHPに載っているモデルさん。

そのブランドの服が似合うヘアスタイルがわかります。


 

4.クローゼットの整理


方向性が決まってからの方がおすすめ。

着たい服のイメージに合うものや着回しできそうなら残す、ちょっと違うかな?イメージがしっくりこないなと思うものは手放す。

クローゼットが整理されると気分がスッキリしますね。


 

5.お買い物をしよう!


クローゼットを整理したら足りないものがわかると思います。

イメージも決まっているのでお買い物しやすいはず。

無駄なものも買わないはずです。


 

今、私は「3」の段階まで終了。

方向性が決まって早くクローゼットの整理がしたいところです。


ときめくクローゼット作り

ワクワクします。